読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

【ランサーズ】副業ライターを始めて1ヶ月で1万円以上稼げた話

働くこと

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

1ヶ月前に始めたランサーズ

俺は普通の会社員だけど、ランサーズというクラウドソーシングサイトを利用して、webライターのネット副業を始めました、という話を1ヶ月ほど前に書きました。

 

今まで文章を書いてお金をもらった経験なんてなかったけど、意外と簡単に仕事を受注できるようになったという話も書きました。

 

さ~て10月の獲得金額は?

ランサーズを始めて約1ヶ月たったところで、今までにやった仕事の報酬額の合計を見てみました。

f:id:ogaogaos:20161101221301p:plain

獲得額合計¥14,911

ここからプロジェクト案件はランサーズ手数料20%が引かれるので、

手取りは¥12,053

になります。(実際に出金するときには振込手数料も取られます。)

 

俺がランサーズでやった仕事は、ライティング(文章を書く)の仕事とタスク(短い文章を書いたり、検索結果を調査したりする単純作業)の仕事です。ほとんどライティングの仕事でした。

 

どのくらいの時間をかけたか正確には測ってないけど、大体30時間くらいとしたら時給400円。ライター初心者が在宅で稼げたと考えると、けっこういいじゃん、と思いました。

 

もっといける気がする

ランサーズを本業にした場合はもっと効率良く稼げると思います。というのも、俺はサラリーマンとしての本業があるので、単価が良くてもノルマがきつい案件は避けているからです。

 

俺は今2つのクライアントから継続的に受注しているんですが、どちらも「1週間に最低でも○本の記事を書いてください」みたいなノルマがないので、自分のペースで作業できます(とはいえ毎週最低1本は書いてますが)。単価の高い依頼の中には「2000字以上の記事を1週間で最低5本」みたいなノルマがあるものも多いです。依頼する側の立場で考えれば、ある程度の量をこなしてくれるライターのほうが便利だから当然ではありますが、副業ライターではなかなかチャレンジできません。

 

人生のターニングポイント?

もともとは会社の中での自分に行き詰まりを感じたり、会社に居場所がない気がするという、後ろ向きな理由で始めた副業ライター。

 

実際にやってみると、自分の力で稼いでるって実感できるし、クライアントから高い評価をもらえると嬉しいし、いろんな物事を知ることができて意外と楽しい。

 

最低でも来年の夏のボーナスをもらうまではサラリーマンを続けるつもりだけど、その後はひょっとすると…なんて思ってます。でもランサーズの仕事をやることによって会社の外の世界とのつながりができると、会社の中の出来事があまり気にならなくなって、本業でもあまり悩まなくなっている気もします。

 

とにかく自分の人生が変わりつつあると感じてます…ワクワク。

 

ランサーズについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

広告を非表示にする