ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

【ランサーズ】初めての文字単価2円案件

f:id:ogaogaos:20170209234045p:plain

まだ会社員のヤシュウです。

 

ランサーズなどのクラウドソーシングサイトで募集されているwebライティング案件の多くは1文字あたり1円以下の報酬なので、受注しているライターは『1円ライター』などと揶揄されています。

俺がランサーズでライティングの副業を始めてから受注した案件も、良くて1文字1円、悪くて1文字0.4円みたいな案件ばかりでしたが、この前初めて1文字2円の案件に応募してみました。

 

その案件は、まずライターがテスト記事を1つ書き、クライアントが品質に問題ないと判断したライターには継続して本発注します、という方式でした。(クライアント側としてはライターの力量を慎重に見定めたいため、ランサーズ内ではわりとよく行われている方式です。)

そのクライアントは、テスト記事にも1文字2円で支払ってくれるとのことでした。テスト記事は本発注より安い値段で書かせるクライアントも多いので、なかなか太っ腹です。

 

俺にとっては今まで全く書いたことのないジャンルでしたが、おもいきって応募してみたらテスト記事を書かせてもらえることになりました。(応募していたランサーはほぼ全員認定ランサーだったので、テスト記事すら書かせてもらえないかもしれないと思っていました。)

そしてがんばって7000文字超の記事を作成してクライアントに提出したところ、「ぜひ継続して執筆をお願いしたいです」ということで、初めて文字単価2円の継続案件をゲットしました。

 

クライアントとのめぐり合わせ次第ではあるけど、『クラウドソーシングでは1円ライターから脱却するのは難しい』みたいな論調は間違いなんじゃないかな。

クラウドソーシングでも「良いライターがいたら高めの単価を出して囲い込みたい」と思っているクライアントは確実に存在していて、現に俺のような駆け出しライターでもすんなり文字単価2円の案件を受注できているわけだし。

(ランサーズ手数料を引いたら実質文字単価1.6円ですが。)

 

ただし、文字単価が高いほうが儲かるとは限らないわけで。

 俺がテスト記事を書いたときは、調査~執筆~修正で合計10時間くらいかかったので、7000文字×2円=14000円の報酬をもらっても、ランサーズ手数料2割を引くと時給1120円です。東京都内のアルバイトの時給って感じですね。

 ですが、完全在宅でできるという点と、このジャンルの記事執筆に慣れてくればもっと時間短縮できるという点を考えると、普通にアルバイトするよりはいいと思います。

 

このくらいの時給なら、文字単価1円以下の記事を短時間で大量生産するスタイルでも余裕で達成できるようになると思います。が、google先生が賢くなればなるほど低品質な記事は需要がなくなっていくでしょうから、ライターとしてはより品質の高い記事(文字単価の高い記事)を書けるように努力したほうがよさそう。

 

とりあえずクラウドソーシングだけでもゲイが一人で生きていくには十分な収入が得られそうな感触は得たので、自信持って夢を持って飛び立とう!


高橋愛 『自信持って 夢を持って 飛び立つから』 (MV)