ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

モテ筋ゲイへの生まれ変わりなるか?決意の断髪

ゲイの恋愛市場において、髪型はかなり重要な要素になっています。 

 

ゲイの出会い掲示板の書き込みを読んでいると、「短髪です」とか、「俺はジム通いしている短髪ガッチリな野郎です。同じような人と知り合いたいです」みたいな文章をよく見かけます。 

ゲイアプリだと髪型がわかるような顔写真を載せている人が多いので、いちいち自分の髪型を文章でアピールする必要はないですが、プロフィールに「短髪・ボウズがタイプです。髪が長い人はごめんなさい」みたいなことを書いている人はよくいますよね。

 

 俺はあまり相手の髪型にはこだわらないというか、ロン毛はちょっと苦手だけど一般的なショートヘアであれば別にいいと思っていたので、自分自身もずっとショートヘアにしていました。

でもゲイアプリや掲示板を見ていると、明らかに短髪の人のほうが需要が多いみたいだし、自分でも同じ顔だったら短髪の人のほうがよりかっこよく見えるような気がする……でも短髪にするとゲイ文化に染まっているというか、自分らしさを捨てて大衆に迎合しているようで悔しい、みたいなことを考えて悩んでいました。

 

「私の好きなタイプは短髪の人です」というのはべつにいいと思うけど、俺も一人のゲイとして、もっと人それぞれの多様性を認める社会になってほしいので、「短髪じゃないと(ゲイとして)ダメ」みたいな考え方は好きじゃないんですよね。

 

しかし冷静に考えると、髪型に特にこだわりがないのなら、とりあえずモテそうな髪型にしたほうがトクだよね、ということで、思い切って短髪にしました。

 

Before

f:id:ogaogaos:20170526224037j:plain

 

After

f:id:ogaogaos:20170526224049j:plain

 

ボウズ好きなゲイの人が見たら、まだちょっと長すぎだと思うかもしれないですね。あとAfterの写真は白髪染め前に撮ったので、サイドがちょっと白い(恥)

ここまで短くしたのは小学生以来ですが、自分ではけっこう気に入っています。スタイリングもラクだしね。

 

ということで、なんか大げさなタイトルですが単に髪を短くした(ショートヘアから短髪=ベリーショートへ)だけの話でした。

これで俺もモテるようになったらいいな…