ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

一人でノースエに突入したら予想外の出会いがあった話

f:id:ogaogaos:20170530003834j:plain

ノーパンスウェットナイト(通称ノースエ)というゲイイベントをご存知でしょうか?

ドレスコードがノーパンスウェットという、ちょっとアダルトなゲイナイトです。(普通の服装でも入場可能ですが、料金がちょっと高くなります。)

 

ノースエは全国各地で年に数回開催されていて、普段は夜20時~24時くらいの短時間イベントなのですが、年に一度だけオールナイト開催のノースエがあります。

で、オールナイトノースエが先週の土曜日に2丁目のクラブで開催されるということを知り、一人で参加してみました。

 

ノースエに行った理由

俺はクラブで踊ること自体にはあまり興味がないので、ゲイナイトには数回しか行ったことがありません。

そんな俺が今回なぜ行ったのかというと、ゲイの出会い系アプリにノースエ専用のマッチングページができるので、アプリ経由の出会いに期待したからです。

会場内のモニターに表示されるパスワードをアプリで入力すると、来ている人の一覧が表示されて、タイプの人のページでアピールボタンを押すことによりすぐに相手に「あなたがタイプです!」ということが通知されます。

こういうマッチングページが用意されるゲイナイトは他にもよくあるのですが、実際にアピールボタンを押す人は少ないことが多いみたいです。

しかし今回のノースエでは相互にアピールしてマッチングが成立すると、いろいろな景品(2丁目のゲイバーのボトル無料券、タオルなど)がもらえるとのこと。

これならみんな積極的にアピールするだろうから、俺も誰かとマッチできるのでは?という淡い期待を抱いて行ったわけです。

 

ノースエのイベント内容

21時オープンで、21時10分に現地に着いたのですが、入口にはすごい行列が。中に入るまでに40分くらい待ちました。

並んでいる人の中には明らかに一人で来ている人もいたので安心しましたが、待っている間は一人だと退屈なのが難点ですね。

友達と連れ立って来ている人たちがうらやましかったです。

 

中に入るとすごい人混みで、音楽に合わせて踊るというよりもおしくらまんじゅう状態。たいていの人はノースエで、ところどころでおさわりやキスをしている様子が見られます。

 

ノースエのイベントの流れは、

1.普通に音楽に合わせて踊る時間帯

2.GOGOボーイのショー(マッチョな人がセクシーな格好で腰をくねらせて踊るさまを見られる)

3.再び普通に音楽に合わせて踊る時間帯

4.会場の照明が落とされて顔の判別が困難なくらい暗くなり、暗闇にまぎれて大胆におさわりできる時間帯

の1~4のループが延々と繰り返される感じでした。

 

 俺も暗がりの中で何度か触ったり触られたり、チュッチュしたりしましたが、今日はスキンシップすることが主目的で来たわけではありません。

好みのタイプの人とマッチして、今後につながる出会いになることを期待して来たのだ。

俺は参加者の中から好みのタイプを6~7人ほど見繕ってアピールボタンを押しました。が、深夜2時くらいになっても、俺がアピールボタンを押した相手からのアピール、つまりマッチングはゼロ。

相手のほうから先に俺へアピールしてくれた人も一人だけいましたが、残念ながらポジションが同じうえに、かなりアレな見た目だったのでスルー。 

 

有名実況者さんとの遭遇

ここで ちょっとノースエとは関係ない話になってしまいますが、俺はニコニコ動画でゲーム実況動画を見るのが好きで、数年前からよく見ています。

特に、ゲイの人がオネエ言葉でゲーム実況する『オカマ実況』というジャンルの動画が大好きで、有名オカマ実況者の人たちの動画やニコニコ生放送をほとんど全てチェックしていた時期もありました。

 

そして深夜1時くらいにノースエ会場内の通路で、オカマ実況者のパイオニアとして有名なMさん(仮名)にそっくりな人とすれ違いました。

Mさんは顔画像をネット上に公開していたことがあり、オカマ実況好きの俺はMさんの顔をなんとなく覚えていたので、もしかしたら本物?と思ってゲイアプリを開き、近くにいる人たちリストの中にMさんのアカウントがないか探しました。

 

しかしMさんらしきアカウントは見あたらず、やっぱり別人なのかなーと思っていたところ、別の有名オカマ実況者のRさん(仮名)らしきアカウントを発見。

Rさんも顔を(マスクで下半分は隠していますが)公開していて、ニコニコ公式放送にも出演している有名人なのですぐに気づきました。

MさんとRさんは一緒にニコニコ生放送をしていたこともある仲良しですから、おそらく一緒にノースエに来たのだろう、と思ってRさんとおぼしきアカウントに「いつも楽しく動画を見させてもらってます。Mさんとご一緒ですか?ノースエ楽しんでください」みたいなメッセージを送ってみました。

すると「ちょっと3人でお話ししますか?」と誘われたので、会場の外で待ち合わせてMさんRさんと3人でお話しすることに。(ノースエは1回入場料を払えば途中入退場自由)

 

昔からよくお二人の動画やニコニコ生放送を見ていたので、本人が目の前にいるのがなんだか不思議な感じでしたが、いろいろなお話ができて楽しかったです。(話の内容は他愛もないことですが、一部の人には有名な方たちなので、詳細は伏せます。)

お二人とも本当に気さくで話しやすい方でした。

 

その後は再び3人でノースエ会場に戻って踊りました。ギュウギュウに混んでいる会場の人波をかきわけて、最前列近くまで無理やり突入して踊りまくるMさんと、ちょっと疲れた顔をして「あの人、私を置いて一人でどんどん前に行っちゃうのよ」と苦笑いしながらついていくRさんが対照的でほほえましかったです。

 

まさかのマッチング

そして午前3時くらいになり、MさんRさんは「疲れたのでそろそろ帰ろうかな」という雰囲気になりました。

俺も「もうマッチングしそうにないし、おさわりも飽きたから帰ろうかな」と思ったのですが、2人を見送る直前になって、俺のアプリに「マッチしました」の通知が!

 

どうやらこちらからアピールした相手が、アピールを返してくれたもよう。さっそくマッチした人にメッセージを送り、MさんRさんを見送ってから返事を待ちました。

しかし待てど暮らせど相手からのメッセージは来ず。アプリ上の距離を見てみると、100メートル以上離れているので既に会場を出ているっぽい。

別に変なメッセージを送ったわけではないんですが…相手は何となくアピールを返しただけで、実際に会う気はなかったのかも。

ならアピールボタン押すなよ!と思いつつ、俺は一人寂しく始発電車で帰宅しました。その後、相手からは何のメッセージも来ていません。

 

ぼっちノースエは、おさわり重視ならアリ

ノースエは会場内に入ってしまえば一人ぼっちでも浮かないので、おさわりしたい人は行く価値ありです。

ただ、みんなおさわりだけで満足なのか、アプリを開いてアピール相手を吟味している人はやや少なめという印象を受けました。

あまりにも混雑していたし、おさわりにはあまり興味ないので、俺はしばらくは行かなくていいかな……おそらくオールナイトでないときはもっと空いているんだろうけど。

 

ということで、恋人候補探しとしては何の収穫もありませんでしたが、昔から知っているオカマ実況者さんたちに初めて会えて、けっこう長時間お話しできたので、俺としてはすごく思い出深いノースエになりました。

Rさんのアカウントをみつけたときはすごくドキドキしたけど、思いきってメッセージを送ってよかった!

 

おそらくこのブログを見ている人のほとんどは「オカマ実況って何?」って感じだと思いますので、個人的に好きな動画を張っておきます。(この動画はブラウザゲームの実況だからちょっと特殊だけど)

広告を非表示にする