ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

ゲイはなぜ体を鍛えるのか・自分の場合

f:id:ogaogaos:20180302181709j:plain

ゲイの世界では、細身の人よりも筋肉の多い人がモテるので、ジムで体を鍛えたりして、体型に気をつかっている人がわりと多いです。

 

俺もわりと筋肉のある男性が好みで、自分自身もときどきジムで筋トレしています。

ただ、純粋に「体を鍛えてモテモテになりたい!」という前向きな発想で筋トレをしているという感覚はあまりありません。

「がっちりした男性に性的魅力を感じるのに、自分自身はだらしない体型である」という状態に、どこか後ろめたさを感じるというか…体型管理をきちんとできている人を好きになるなら、自分自身もきちんと鍛えていないと恥ずかしい気がする、罪悪感がある、というかんじです。(根暗だ!)

 

たとえるなら、自分は年収300万円なのに「結婚相手は年収1,000万以上の男じゃなきゃイヤ!」と言っている女性に対して嫌悪感があるのと同じようなことなのかな。

自分に無いものを相手に求めてしまう傲慢さを、自分の中で消化できない感覚。

年収は努力だけでどうにかできるものではないけど、体型は誰でも努力で改善できる問題なので、よけいに罪悪感が強い。

 

がっちりしたゲイが必ずしもがっちりしたゲイを好きになるわけではないですが、ゲイの世界では外見的に似たもの同士でカップルになっていることが多いという印象があるので、意外と中には俺と同じような感覚の人もいるのかも?

 

純粋に体型が変わるのが嬉しいとか、もっとかっこよくなってモテたい!という前向きな動機で体を鍛えている人のほうが健全な感じはします。

ただ、体を鍛えるのは良いことではあるので、動機は何でもいいのかな。

長期的な交際を前提にするなら、外見よりも内面のほうがより重要になってくるけど、相手の許容範囲内の外見になっておかないと、スタートラインにすら立てないことも多いし。

 

ちなみに、こんな記事を書いているくせに、最近は寒いのでジムをさぼりがちです…

でも少し暖かくなってきたし、3月から本気出す!

 

chuckさんがゲイブログLINEグループを作った話

別の話題になりますが、はてなブログの「ゲイブログ」グループの管理人であるchuckさんが「ゲイブログLINEグループ」を作成されました。

 

こんなふうに、他の人に働きかけるような行動をサッとできちゃう人ってすごいですよね。

俺はあまり他のゲイブロガーさんと活発に交流しているほうではないので、参加しちゃってもよいものか少し迷いましたが、思いきって申請しちゃいました。

これを機に、他のゲイブロガーさん達と交流する機会を増やしたいな、と思います。

 

はてなブログでなくても、 ブログを書いているゲイ・バイ男性ならウェルカムだそうなので、興味のある方はぜひ参加してみてください!