ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

30代ゲイが「週刊少年ジャンプ展VOL.2」に行ってきた

六本木ヒルズの六本木森アーツセンターギャラリーで開催されている「週刊少年ジャンプ展VOL.2」に行ってきました!

 

VOL.1に行ってきたときの話はこちら

 

VOL.2は90年代の週刊少年ジャンプに連載されていた作品に関する展示です。

俺がジャンプを読んでいたのは1990年代中盤~2001年くらいまで。今回のVOL.2は知っている作品が多いので、かなり楽しみにしていました。

 

ジャンプ展VOL.2の様子

VOL.1のときは平日の昼間に行ったのでかなり空いていました。しかし今回は土曜日の15時ごろに行ったので、入り口で10分待ちくらいの行列が。

90年代はジャンプが一番売れていた時期ですから、人気作品も多いですしね。

 

ただ、内部はわりと余裕をもって回れる程度の混雑具合でした。最初にミニシアターで20人くらいずつ映像を見てから展示エリアに入っていくようになっているので、自然と内部の人数を調整できるシステムなんですね。

 

ドラゴンボール幽遊白書るろうに剣心遊戯王スラムダンクなどの人気作品の展示はエリアが広めになっています。

個人的には「るろうに剣心」の各キャラの必殺技を、数十枚の絵を重ね合わせて立体的に表現している展示が印象的でした。

あとスラムダンクの「安西先生…バスケがしたいです」の原画もあって、特にスラムダンクファンではないけどよかったです。

 

そして俺の一番好きなギャグマンガである「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」の展示もよかった。

有名な作品ではあるけどギャグマンガだし、展示エリアは狭めなのかな?と思っていたら意外と広かったです。

メソの等身大(?)の立像があったり、マサルさんの肩についている輪が地面に突き刺さっていたりして、展示内容も凝っている。

メソの背中にはちゃんとファスナーがついていて、中身が少し見えていました。こういう細かい再現が見られて嬉しかったです。

 

展示物は基本的に撮影禁止なのですが、途中と最後に撮影可能エリアがあります。

 

・途中にある巨大な表紙(653万部突破記念号)

f:id:ogaogaos:20180603224132j:plain

 

・最後の撮影可能エリア(巨大表紙その2)

f:id:ogaogaos:20180603224328j:plain

 

ジャンプと全く関係ないけど、ポロシャツってオジサンっぽく見えて難しいですね…いや実際オジサンなんだからしょうがないのか。

あと下にタンクトップを重ね着しているのに乳首が主張しすぎ…。

 

・漫画家のみなさんの巻末コメント風メッセージ

f:id:ogaogaos:20180603224640j:plain

 

最後に物販エリアでドラゴンボールのパンツを購入!

f:id:ogaogaos:20180603225729j:plain

 

やっぱり90年代のジャンプは面白い漫画が多くて良かったですね。ちょっと混雑はしていたけど、懐かしいものをたくさん見られて楽しかったです。