ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

テレワークへの順応と罪悪感

お久しぶりです。ヤシュウです。

 

俺が働いている会社は、全社員が週に1回はテレワークするという制度があります。

 

今年に入ってから、「小さな組織内で毎日顔を合わせていると、ストレスがたまってしまうこともあるから」という社長の考えで導入されました。

 

そしてこの3月からは新型コロナウィルスの影響で、原則毎日テレワークに変更。

俺もほぼ毎日、自宅で仕事をしています。

 

世間では「毎日テレワークだと他人との交流がなくなって、かえってストレスがたまる」という声もあるようですが、俺はわりと在宅仕事を満喫しています。

もともとボッチ気質なので、全然人と会わなくてもべつに気にならないんですよね…。

人付き合いが苦手な性格が仕事面でプラスに作用するなんて、予想外です。

 

 

なるべく人との接触は避けて生活すべき状況ですが、前回の記事で書いた彼とは、今も週1回のペースで逢瀬を重ねています。

 

俺の自宅から彼の家へ行くには、電車とバスを乗り継いで片道1時間くらいかかります。

わざわざテレワークにしているのにプライベートでは電車やバスに乗るのって、なんか本末転倒な気がして罪悪感が…だけど好きな人には会いたい…。

 

もちろん彼の家に着いたら、しっかり手洗い&うがいしてからハグ&キス。

もしも自分が彼に病気をうつしてしまったら悲しいですからね。

 

屋内のデートスポットはコロナウィルスが怖いので、もっぱら屋外でデートしています。

先週末は国立駅前の桜並木を見に行きました。

f:id:ogaogaos:20200323214946j:plain



道路沿いの桜はまだ満開ではなかったですが、近くにある一橋大学のキャンパス内では満開の桜を発見。

f:id:ogaogaos:20200323214438j:plain


この桜はキャンパスの端のあたりにあって、たまたま周囲に人が全然いなかったので、桜を見ていたら彼に突然キスされちゃいました(照)

 

マジメな話、世の中はどんどん大変な状況になってきていて、ニュースを見るたびに「これからどうなるんだろう」という不安や恐怖を感じるのは事実。

 

そんな中で彼のおかげで楽しい時間を過ごせて、浮かれポンチになっているというのは、「自粛ムードの中でこんなに浮かれていていいのかな?」という罪悪感もありますが、幸せなことだなあと感じます。