ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

肉体改造に成功したアラフォーゲイがゲイアプリでひどい目にあってPCR検査を受けた話【ゲイブロガーの本音ラジオ】

肉体改造後のゲイアプリでの失敗談と、PCR検査を受けたことについて語ったラジオ動画をYoutubeにアップしました。

 


肉体改造に成功したアラフォーゲイがゲイアプリでひどい目にあってPCR検査を受けた話【ゲイブロガーの本音ラジオ】

 

この記事では、動画では語り切れなかったことについて書いておきます。

 

動画で語らなかったリアル相手

動画ではここ1か月の間にリアルした2人について話しましたが、それ以外にも3人とリアルしてきました。

 

その中の一人とは、2回ほど会ってBまで進んだんですが、お付き合いするまでには至らず。

Bまでしたけど、いろいろと会話する中で「この人と付き合いたい」という気持ちにはならなかったんですよね…。

 

まあこれから会う予定の人もいるし、あせらずにいろいろな人と会ってみたいと思います。

 

恋愛願望の低下

動画の終盤でちょっと語りましたが、最近は「恋人を作りたい!」という気持ちが低下してきています。

 

俺はコロナの影響で人と会う機会が減っても、あまり寂しい気持ちは沸いてこないみたいです。

むしろ一人での「おうち時間」を充実させる方向に情熱を燃やしてしまって、ますますおひとり様生活が上手になっています。

 

俺はわりと物持ちがいいほうで、会社員になりたての頃に買った家具をそのまま使い続けていました。

でも家で生活する時間が増えたので、より快適な生活空間を追求するために、最近はネットで理想の家具を探しまくっています。

ベッドフレームとかは実際に現物を見たくて、わざわざ横浜の家具屋さんまで足を延ばしたりもしました。

 

ということで、オトコ探しよりも家具探しに夢中な毎日です。

まあこういう気持ちのときこそ、意外と恋人ができたりするかも?

 

Twitterのゲイアカウントを作った

Twitterでも出会いがあるといいなと思って、このブログのTwitterアカウントとは別に、ゲイ活専用のアカウントを作りました。

でも結局、単に自撮りや作った料理を淡々とアップするだけのアカウントになってしまって、イマイチ活用できていません。

 

フォロワーを増やしていろんなゲイと交流するためには、フォローする相手を探さないといけないんですが、それがめんどくさくて…。

もっとSNSに費やす時間を増やして、いろんな人にコメントをつけて交流すれば出会いも広がるんでしょうね。

 

あまり焦らずにマイペースでやっていこうと思います。