ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

親知らずの抜歯も自費診療の時代?

先日、歯科医院で右下の親知らずを抜いてきました。

右下以外の3本はすでに抜いていたので、今回が最後の親知らず抜歯です。

 

そもそも親知らずを抜こうと思ったのは、俺の親知らずは大部分が歯茎の中に埋まっていて、たびたび腫れて痛くなったことがあるからです。

 

右下はわりと腫れる頻度が少なかったので、抜かないまま放置していたのですが、今回思いきって抜くことを決意し、まずは近所の普通の歯科医院へ行きました。

しかしレントゲンを撮ってもらったところ、かなり深い位置まで埋まっているため、普通の歯医者さんでの抜歯は無理なことが判明。

大学病院の口腔外科を紹介してもらうことになりました。

 

 

その後、大学病院の口腔外科でCTを撮影して診察を受けたのですが、大学病院の先生から

「CTの画像を確認したところ、親知らずがアゴの神経に接触しているので、局所麻酔をしても抜歯中に強い痛みが出て処置を中断せざるを得なくなるかもしれません。できれば入院して全身麻酔で抜歯したほうがいいと思いますがどうしますか」 

と言われてしまいました。

 

その場では「入院はメンドウだけどしょうがないか…」と思って入院手術の予約までしたのですが、やはり日帰りでなんとかならないかと思い、ネットでいろいろな歯医者さんを調査。

たまたま近所に親知らずの抜歯で評判の良い歯科医院を見つけたので、そちらへ行ってみました。

 

そちらの歯科医院も外観は普通の町の歯医者さんって感じなのですが、診察を受けてレントゲンを撮ったところ、「これなら局所麻酔で日帰りで抜歯できますよ」とのこと。

ただし抜歯後の腫れを抑えるための薬など、保険適用外の処置もおこなうので、1本抜くのに3万2千円かかるといわれました。

(保険適用であれば親知らずの抜歯は1本数千円です。)

 

大学病院で入院して抜歯する場合も最低2~3万円はかかるみたいだし、何より入院するのがメンドウだったので、こちらの歯科医院にお願いすることに。

 

 

そしていよいよ抜歯当日。まずCTを撮影してから、院長先生による抜歯が始まりました。

 

本当に局所麻酔で大丈夫かな~と不安でしたが、抜歯中は全く痛みもなく、15分ほどで終了。

抜歯後の腫れもほとんどなくて、麻酔が切れた後もさほど痛みませんでした。

 

ただ補助に入っていた歯科衛生士さんによると、かなりやっかいな生え方をしていたらしく、「今年見た患者さんの中でいちばん時間がかかったかも」と言われました。

 

数年前に左下の親知らずを別の大学病院で抜歯したときは、抜歯後2~3日はアゴにピンポン玉でも入れてんのかってくらい腫れたので、こんなにラクに終わって拍子抜けです。

 

今までは一度病院にいったら、基本的には病院を変えたりせずにそのまま治療を受けていたのですが、今回は大学病院の先生の言うことを鵜呑みにせず、自分で調べてみて本当によかった。

自費診療だけど、入院せずに済んだので費用的にも大差ないし、大満足です。

 

俺はもう親知らずを全部抜いてしまいましたが、これから抜こうと思っている方は、歯医者さんの評判をよく調べてから行くことをオススメします。