ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

リアル人情ドラマ、ハロプロ研修生の公開実力診断テストで泣いた

2017年5月5日に中野サンプラザでおこなわれた『Hello! Project 研修生発表会2017 ~春の公開実力診断テスト~』を見に行ってきました。

f:id:ogaogaos:20170507022926j:plain

ハロプロ研修生とは?

このブログはハロプロに特化しているわけではないので、あまりハロプロに詳しくない読者が多いと思います。

ハロプロというのは、アップフロントグループの芸能事務所に所属している、モーニング娘などの女性アイドルグループの総称です。

そのハロプロの下部組織というか、研修生という位置づけでレッスンを受けている子供たちがハロプロ研修生です。

歌やダンスのレッスンを受けたり、ハロプロのライブのバックダンサーや舞台出演などの活動をしながらハロプロのアイドルとしてのデビューを目指しています。

要はジャニーズジュニアの女の子版みたいなものですね。

 

公開実力診断テストとは?

ハロプロ研修生の公開実力診断テストでは、研修生が1人1曲ずつソロでワンコーラス(約2分)の歌とダンスを披露します。

テストの審査員は会場のお客さんと、ゲスト審査員(研修生にダンスや歌を教えている先生達や、ハロプロのアイドルグループのメンバー)です。

お客さん全員の投票結果によって決める『ベストパフォーマンス賞』と、ゲスト審査員が決める『審査員特別賞』(歌唱賞、ダンス賞、キャラクター賞の3種類)があり、受賞してもデビューが約束されるわけではありませんが、研修生にとっては自分をアピールするための重要なイベントになっています。

 

研修生の実力を評価するための発表会ということで、普通のアイドルのライブとは観賞の仕方もかなり違っています。

テスト中はお客さんは基本的に座って観覧し、曲中の声援もなし。

サイリウムも胸のあたりで軽く振っている人がちらほらいる程度です。

1人ずつの診断テストの後、お客さんの投票時間が終わったら、ゲスト審査員の審査の間に研修生全員によるライブがおこなわれるので、そのときは普通のライブのようにスタンディングで盛りあがれます。

 

 デビューしていない研修生なのにハイレベルな戦い

今回は31人の研修生たちが参加していましたが、まだデビューしていないのに歌もダンスも全体的にかなりハイレベルでした。

個人的に特にパフォーマンスが優れていると思ったのは以下の研修生たち。(名前を書いても、知らない人がほとんどだと思いますが……)

  • 山﨑愛生
  • 山﨑夢羽
  • 高瀬くるみ
  • 堀江葵月
  • 段原瑠々

 他の研修生も、踊りながらの歌唱なのにかなり安定した音程で歌えている子が多くてビックリしました。

一応全員分の感想をメモしてあるので、そのうち別記事で書こうかな……。

 会場のお客さんにはベストパフォーマンス賞の投票権があり、俺は誰に投票しようか迷いましたが、高瀬くるみに1票を投じました。

 

結果発表と予定外の重大発表

お客さんの投票時間が終わり研修生全員で数曲披露したあと、ゲスト審査員と研修生全員がステージ上に並び、審査員特別賞とベストパフォーマンス賞の発表がありました。

  • ベストパフォーマンス賞 段原瑠々
  • 審査員特別賞(キャラクター賞) 橋迫鈴
  • 審査員特別賞(歌唱賞) 山崎夢羽、井上ひかる
  • 審査員特別賞(ダンス賞)前田こころ、堀江葵月

 

各賞の発表が終わった時点で、明らかに下を向いてうなだれてしまっている子が1人いました。

それは一岡伶奈という子です。

 

ハロプロ研修生:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

↑このハロプロ研修生の公式サイトには研修生全員の名前と写真が載っているのですが、一番最初にいるのが一岡伶奈です。

研修生への加入が早い子から順番に並んでいるので、一岡伶奈は現在の研修生の中で最古参。

2012年12月に研修生になっているので4年以上研修生として活動していることになります。

しかも現時点で年齢は18歳なので、アイドル候補生である研修生としてはもうほとんど後がない状態。

ファンの間でも、このままデビューできずに研修生を辞めるのではないかとウワサになっていました。(実際、なかなかデビューできずにハロプロ研修生を辞めてしまう子はけっこう多いです。)

キャリアの長いベテラン研修生の中で、なんの賞も取れなかったのは一岡だけ。

落ち込んでしまうのも当然です。

 

そのとき、急遽ハロプロの事務所の社長が登場し、研修生の中から近日中のデビューが決定した子がいるということで、以下のメンバーのデビューが発表されました。

ハロプロ研修生の新セクション?でデビュー(詳細不明。女優方面の活動?)

 清野桃々姫
 高瀬くるみ

ハロプロの正規メンバーとしてデビュー(所属ユニット等は未定)
 川村文乃
 段原瑠々
 一岡伶奈

 

最後に名前が発表された瞬間、泣き崩れて座り込んでしまう一岡。

あわててゲスト審査員のみつばちまき先生(ダンスの先生)が駆け寄って体を支えてあげながら、何か言葉をかけていました。

しばらくの間、過呼吸ぎみで泣き続けている一岡の姿を見て、俺も少しウルッとしてしまいました。

 

ハロプロは人情やで

ぶっちゃけ、一岡はキャリアが長いだけあって歌もダンスも安定して高い水準にあるものの、今回の実力診断テストのパフォーマンスを見た限りでは、他の古参研修生と比べてこれといった強みがないと感じました。(あくまで個人の感想です)

現時点でのルックスもアイドルとしては微妙なラインです。

鼻筋がきれいに通っていて顔の印象は強めなので、うまくヘアメイクすれば華のある美人系の顔立ちになりそうな予感はしますが。

 

とはいえ長い間がんばってきた一岡がこのままデビューできずに終わってしまうのは悲しい、と思っていたハロプロファンは多いはず。

アイドルなんてルックスが第一、かわいい子が正義と考えてしまいがちだけど……がんばってきた子が報われてほしい、がんばっている子を応援してあげたい、という人情に流されてしまうのもハロプロハロプロファンの良さだと思うんですよね。

 

とりあえず一岡がどのグループに入るのか、そしてアイドルとしてどんな活動をするのか注目していきたいと思います。あと他のデビュー決定組も。

 

公開実力診断テストでのデビュー発表の是非

デビュー発表のせいで、実力診断テストの各賞はデビューできないベテラン研修生の不満のガス抜きみたいな印象になってしまったのが少し残念でした。

お客さんの投票で決めるベストパフォーマンス賞をとった段原瑠々はデビュー決定組だけど、審査員特別賞の受賞者は全員デビュー未定の子たちなんですよね。

 

なのでデビューが決まっていない子をハロプロ研修生につなぎとめるために審査員特別賞が利用された、という印象を受けました。

まあ賞もとれずデビューも決まらないというのはかわいそうなんで、これもハロプロの人情ですかね。

 

華やかなステージだけじゃなくて、こういう人間ドラマとか、普段は裏に隠されている努力や苦悩がときどき垣間見えるから俺はハロプロに惹かれるのかなあ、なんて考えた1日でした。