ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

なぜブログを始めたんだろう【ゲイブログお題】

f:id:ogaogaos:20180324172657j:plain

chuckさんの呼びかけで始まった、ゲイブロガーのLineグループ。

その中で、みんなで共通のお題で記事を書いてみようということになりました。

初めてのお題は「ブログを始めた理由」です。

 

なんでブログなんて始めたんだっけ

「ブログを始めた理由」というお題を提示されたときに、最初に考えたのは「あれ?何でブログなんて始めたんだっけ」ということでした。

初めてのお題で早くも暗雲が・・・

 

 ブログを始めた当時のことがまっったく思い出せないので、とりあえず昔の記事を読んでみることに。

すると何となく当時の自分の状況を思い出してきました。

 

当時の俺は、就職してから初めての転勤を経験したばかり。仕事の愚痴を話せるような仲の良い同僚も近くにおらず、 ストレスを溜め込んでいました。

 

おそらくそんな状況の中で、本音の自分を出せる唯一の場所としてブログを始めたんだったと思います。

初期の記事はしょうもない愚痴だけのものもあり、いくつか消してしまいましたが、とっておいてもよかったかな・・・

 

ブログを書く理由の変化

ブログを始めた理由は単なるストレスのはけ口みたいなものですが、続けていくうちにブログを書く理由が変化してきたので、その話も書いておきます。

 

ブログを始めた数ヵ月後、「ゲイのための恋活パーティー」というものがあるのを知った俺は、ちょっと興味がわいて、どんなパーティーなのかネットで調べていました。

 

「参加してみたいな、でもちょっと不安・・・実際に参加した人はどんな感想をもってるんだろう」

 

ところが、「ゲイ 恋活パーティー」で検索しても、出てくるのはメディアが取材して書いている記事が2つだけ。

あくまで取材として恋活パーティーに参加しているので、記事の内容もあまり「参加者の生の声」という感じではない。

 

「恋活パーティーってけっこう開催されているのに、何で誰も感想を書いてないんだろう?こうなったら自分で参加して書いてやる!」 

なぜか妙な使命感が沸いてきて、俺は恋活パーティーに参加して感想をブログ記事にしました。

 

 

 その後、たいしたことない理由で始めたこのブログは、完全に放置モードに突入。なにも更新しないまま約半年が経ちました。

 

そして半年後、仕事でちょっとモヤモヤすることがあり、「久しぶりにブログに愚痴でも吐き出すか」と思ってブログの管理ページを開いた俺は、驚きの事実を目にすることに。

 

「なんでこんなにアクセス数が増えてるんだ!?」

5記事くらいしかないブログで、休止前は総アクセス数なんて200もなかったはず。それを半年間全く更新していなかったのに、総アクセス数が1500以上も増えている。

 ブログのアクセス解析ページを見たところ、ほとんどの訪問者が恋活パーティーの記事にgoogle経由でたどり着いてくれたようだ。

 

それを見た俺は驚くと同時に、喜びを感じていました。

 

自分の書いた記事にこんなに需要があるんだ。きっとこの記事を読んでくれている人の中には俺と同じように誰とも交際したことのないゲイもいて、恋活パーティーについて知りたいと思ってたどり着いてくれたんだ。

そう思うと、なんだか初めてゲイとして仲間ができたような気分だったんです。

 

ブログを読んでくれているというだけで仲間だなんて、ちょっと大げさだということは分かっています。

でもブログの中でゲイとしての自分をさらけ出して、いろんな人に読んでもらえたというのは、オープンゲイではない、ゲイの友達もいない自分にとってはすごく嬉しいことでした。

きっとこの喜びがあるから今でもブログを続けているんだと思います。(更新頻度は低くて申し訳ないですが・・・)

 

それに今では、このブログを通じて俺のことを知ってくれた人とリアルでお会いして、友達になったこともあります。

 

ブログの右端(スマホの場合は下のほう)に載せている俺のプロフィールには、もともと「30代ゲイ、恋人いない暦=年齢、ぼっちの3重苦です。」と書いていました。

でも「ぼっち」の部分を先日「内向的」に書き換えました。(内向的なのは必ずしも悪いことではないですが)

このブログを通じていろんな人とつながったおかげで、もう「ぼっち」ではないから。

 

ゲイアプリで外見重視の出会い方をするより、ブログを通じて俺に興味をもってくれた人と会うほうが嬉しいですし、こういう形で友人が増えるといいなと思います。(まだゲイアプリは止めないけどね!)