ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

東京漂流ゲイ

2週間ほど前に、新しい住まいに引っ越しました。

 

今回は自分の人生の中で5回目の引っ越しになります。

 

1回目は、大学進学と同時に京都市内の学生向けマンションへ引っ越し。

2回目は、東京の会社への就職が決まり、通勤に便利な荻窪のアパートへ引っ越し。

3回目は、社会人3年目くらいに、生活に少し余裕ができたので同じ荻窪にあるきれいなマンションへ引っ越し。

4回目は、会社内の異動で神奈川のオフィスに通勤することになり、荻窪からの遠距離通勤に耐えられず大田区の最南端あたりにあるマンションへ引っ越し。

 

そして5回目となる今回は、転職先の会社のある、都内のターミナル駅に歩いていけるところのマンションへ引っ越しました。

 

f:id:ogaogaos:20190219221502j:plain

今までに住んでいたエリアと比べると、段違いに都会です。

荻窪もそこそこ栄えている街でしたが、駅前の発展度合いが全く違います。

 

最寄り駅はターミナル駅の隣の駅なので、自宅付近はさほど人通りが多いわけではありません。

でも田舎出身の俺にとっては、ちょっと”人多すぎ”感がある街です。

 

そもそも、俺はあまり生活環境を変化させたくないタイプの人間なので、できるだけ引っ越しはしないで生きていきたいと思っていました。

それがまだ30代半ばだというのに5回目の引っ越しをすることになるなんて、だいぶ予定外です。

 

しかも今住んでいるところは借り上げ社宅なので、いつかは確実に引っ越すことになります。

俺はあと何回漂流することになるのだろうか…

 

ただ、引っ越しによって通勤時間が10分以下になったので、だいぶラクにはなりました。

 

そして都会に引っ越したことによって、ゲイ活動をしやすい状況になっているというメリットもあります。

ゲイアプリを開いて近くの人を表示すると、画面を何度スクロールしてもご近所さんが出てきます。

1km以内に何百人もゲイがいるなんて、ちょっと新鮮。

 

何度かアプリにログインしてメッセージのやりとりをしていたら、今週末から来月にかけて3人とリアル(食事)することになりました。

ただ、ゲイアプリで先の約束をしても直前にキャンセルされることが多いので、実際には何人と会えるかわかりませんが。

 

ゲイのお見合いサービスをやっている新宿にもアクセスしやすいので、4月くらいにはお見合いを始めてみようかなーなんて考えてます。

とにかくゲイ活するにはもってこいの環境になったので、積極的に動いてブログのネタが増えるようにがんばります。