ヤシュウの部屋

30代ゲイが生き方を模索しながら考えたことを綴るブログ

高級マンションに暮らすゲイのお宅を訪問して考えたこと【ゲイブロガーの本音ラジオ】

久しぶりにラジオ動画を投稿しました。

 

昨年の11月~12月にかけてゲイアプリ経由で数回リアルしたのですが、みんな良いマンションに暮らしててすごかったな~というだけの動画です。

 


アラフォーゲイがゲイアプリを通じて高級マンションに暮らすゲイを訪問しまくった話【ゲイブロガーの本音ラジオ】

 

動画のサムネイルは夜の代官山駅です。外観がオシャレ。

 

ゲイとお金

動画の後半で語りましたが、良い暮らしをしている人たちの生活を覗くと、お金ってほんと大事だなと実感しますね。

 

普段ニュースを見ていると、コロナの影響もあって貧しい暮らしを強いられている人たちの話題が多いので、世の中みんな貧乏になっているような感覚になりますが……実際は儲けている人たちも普通にいて、格差社会の広がりを感じます。

 

コロナ対策にしろ、(社会問題としての)貧困にしろ、世の中の問題について考えることは大事だし、最終的には投票というかたちで行動にあらわすべきですが……

それはそれとして、自分自身が貧困に陥らないように、お金をいかに稼いで、いかに増やすかを考えることも大切だと思います。

 

自分の場合、以前勤めていた会社を退職してフリーランスになることを決めたとき、自分の背中を押してくれたのは誰かのアドバイスとかではなく、それまでに蓄えてきた金融資産でした。

「もし独立してから全然稼げなくなったとしても、4~5年くらいは生活できる貯蓄があるから、貯金が尽きる前に転職できるだろう」という状況だったので、さっさと退職する決断ができたのです。

 

結果としてフリーランス生活は1年半ほどでやめてしまいましたが、今の会社に入ってから自分史上最高年収を更新し続けているし、何よりゲイであることをオープンにして働けているので、あのとき前の会社を辞めて良かったなと思います。

 

ノンケと違って、ゲイの場合はお金持ちであることが必ずしもモテにつながらないこともありますが、自分の人生の幅を広げるためにも、しっかり稼いで増やしていこう!

 

ゲイと相続

自分には兄が一人います。

兄は結婚していて、子供もいて、実家暮らしではありませんが実家と同じ市内のマンションに住んでいます。

 

俺は今では実家とのつながりがほとんどなく、両親とのメールのやり取りも年1~2回くらい。

いっぽう兄夫婦は共働きなのでときどき子供を実家に預けたりして、それなりに両親とのつながりをもって地元に土着して生活しています。

 

こういう状況なので、俺は両親の財産を相続しない(相続放棄して、全部兄に相続してもらう)ことを考えるようになりました。

そもそもさほど裕福な家庭ではないので、実家の土地建物以外にさほど大きな相続財産はないだろうし、田舎なので土地も大した価値はないのですが。

 

親の財産の半分を俺が相続したとしても、このままいくと俺の財産は全て兄の子供が相続することになるので、最終的には同じような結果になる、とも考えられます。

が、相続放棄することが、地元を離れてゲイとして自由に生きていく道を選んだ自分にできる最後の親孝行・兄孝行なのかな、なんて考えています。

 

そのためにも、しっかりお金をためて、自分の力で最期まで自由な暮らしができるようにならなきゃね。